これって、やはりデフレからインフレへの転換点?!

日経ダウ10000円台乗せ!!
ドル83円乗せ!
ガソリン価格レギュラー150円台!
電力料金値上げ!
これって、やはりデフレからインフレへの転換点?!

2月あたりから少し円安になってきました、私も大学卒業して証券会社に入り25年くらい市場を見てきましたけど、相場を当てる人、参考になるひとは数人しかいないのです。
その中の一人が数年前から2012年2月ドル円74円を底に歴史的な大転換をすると言っていた人がいました。74円にはならず75円止まりでしたが、2012年2月という日柄は当たっています。黄金分割の日柄が集中しているようです。はたして当たるか興味深いです。

その背景には世界中の中央銀行が莫大なお金を刷りまくっています。莫大なと行ってもイメージできませんよね!
今回欧州の中央銀行がギリシャのために100兆円近くのお金を刷って救済しました、いわゆるドラギマジックというやつです。その100兆円のイメージがまたわかない、感覚が麻痺しているのです。
日本がバブルが弾けて金融機関の焦げ付いた不良債権の為に60兆円使いました。
アメリカFRBはリーマンショック後の金融システム維持のために70兆円のお金をヘリコプターからばら撒きました。それより多いんだ大変なお金を刷ったんだとわかります。
日銀も2月14日に日本国債買い入れとインフレ率1%になるまでお金を刷りますよとアナウンスしました。
世界中の中央銀行でお金をジャブジャブに刷りまくっています。

これってインフレになりません?
インフレって人間が調節できること?
歴史を見ればどうなっているかわかります。

円安(通貨安)で調節するしかないようです。
しばらくは、景気が良くなり歓迎されるでしょう。
その後、歯止めが効かなくなり超インフレにならなければいいのですが・・・・。
超インフレとは、極端な話ガソリン価格が500円とか1000円とかに跳ね上がることです。そんな馬鹿なこととほとんどの方はおっしゃるでしょうが有りうるのです、円安と原油が上がれば・・・。
日本は円高とデフレでしたので物価が抑えられて生活できていたのです。
あっ、それから日本経済は金利の上昇には極めてもろいです、世界一の借金大国ですから・・。

皆様、海外に分散されてますか?外国通貨をお持ちですか?

とにかく、ここから数年は歴史的な大転換期であることは間違いないと思います。
ここでの身の振り方が肝心な気がします、言い方を変えれば、ピンチをチャンスに変えることができる時代かもしれません。