キプロス問題で思うこと!


心の傷が残った!
国の債務支払いに、国民の預金を使うのか!?

欧州連合(EU)のユーロ圏財務相会合は25日、キプロス支援の条件として、同国の大手2行を整理・再編するとともに、両行の高額預金の一部を削減し、破綻処理などの費用に充てることを決めた。EUは4月中に支援を正式決定し、100億ユーロを貸す方針で、キプロスの破綻は回避される見通しになった。

は~よかったキプロス破綻しなくて!
高額預金者の預金から20%預金カットで済んだ!って・・・

そんな問題ではないようです・・・
意識しておかなければならないことは日本でもこのキプロスの問題は他人事ではないという事です。
将来実質的には同じようなことが起こってくると、これは預金カットされるという訳ではないですよ、どういうことかと言うと実質的に預金の価値を減らしていけばいい訳です。

日本だって世界一の財政赤字国、将来財政が持つわけがないのだから、いづれはそうなると思います。

要はインフレと円安になるということですね、円安になれば今およそ1ドル100円が200円の円安になれば、外国から見れば日本の預金は半分になったわけです。
日本人の資産は半分になります、そうなれば実質預金カットと同じです。
財政破綻なんかしないと言ってたら、自分の資産なんか守れないですよ。
いづれ来るということはキプロスの問題で感じていた方が良いと思います。

海外で直接資産お持ちですか?