パナソニック大赤字パニック!!

パナソニック大赤字パニック!!
びっくりしました、あの超優良企業だったパナソニックが2期連続であれだけの巨大赤字をだすとは・・。
とにかく63年ぶり無配転落、しかも中間決算6800億で1年通期で7600億円の赤字決算を出してきたわけですが、問題は2期連続の巨額赤字です。
前年度も7000億以上の赤字、今年7600億赤字、両方合わせて1兆4600億円、よく存続しているなという感じで異常としか言えない。
今回のことでパナソニックのイメージがガラッと変わってくるでしょう。
シャープにしろ、ソニーにしろ構造的に白物家電、テレビ、洗濯機、冷蔵庫のビジネスが難しくなってきたのはわかりますが、太陽電池が将来性があるということで8000億円投資して5000億円損失を出すとか、なにしろ赤字の金額が違います。
明らかに経営者の問題でしょう、それに輪をかけて問題なのが、その経営者がそのままいるということです。
信じがたいというか、いわゆる企業に活力がなくなって、イエスマンばかりで失敗しても避難する人がいないのか、以前のパナソニックと全然違う会社になっているんだなと思わずにいられない。
パナソニックの社長自身が会見で「もう普通の会社ではない。」と認めているんですから。
本当に、時代の流れというか時代の大きな転換点を迎えているのですね。
国も企業もあてにならない時代です・・・・。
違う価値観が生まれるような気がします。
がんばれ日本!!