今すぐそこにある危機!! 

今すぐそこにある危機!!
昨夜は、欧州市場も落ち着きを取り戻したようですが、その背景にはイタリア国債1年物の入札があり、無事通過したことが背景にあるようです。しかし、このイタリア国債1年物入札の平均利回りは6.08%でした、この金利はどういう金利かと言うと1ヶ月前10月11日の入札では3.5%だったのです。1ヶ月で金利がほぼ倍に跳ね上がったということです。それでも、なんとかさばけたということを好感して、イタリア国債10年物の利回りが7.4%から6.9%まで下がった、よかったよかったって、この状態で喜べるでしょうか、いかにひどい状態かということです、これで危機が収まったと思うことはとんでもないと思われます。
もう一つ懸念しなくてはいけないことは、フランスの国債です、これがじわじわ金利が上昇しています、フランス国債10年物が3.45%、ドイツの国債が1.8%ですから、およそ倍の利回りになりつつあるのです。PIIGSからフランスへ拡大の兆候が・・・。
国の信用がなくなってきたので、金利を積まねばお金は貸してもらえないのですね。
これは、対岸の火事でしょうか、日本の財政赤字は世界一なのです。

時代は大転換期をむかえているようです、人の価値観も変わるでしょう。
テーマは水と食料と健康です、いっしょにこの閉塞感を打破できれば幸せです。