日本国債格下げ!! ヘッジファンドと格付け会社はある意味グルです 裏で何が起こりつつあるか?

日本国債格下げ!!
ヘッジファンドと格付け会社はある意味グルです
裏で何が起こりつつあるか?

フィッチが9年ぶりに日本国債を格下げした。
このタイミングでの格下げは裏の意味で仕掛けが始まってくる可能性を示している。

どう考えても今の日本国債価格はバブルなんです。とてもそんな信用力があるとは思えない水準まで買われている。これだけの借金を普通に考えれば返せるわけがない、その国債金利が0.8%というのはおかしい訳です。

消費税の問題が今月末にある一定の目安がついてきます。
フィッチもこれを指摘しています。
「緊縮財政への取り組みに切迫感に欠ける、政治リスクを伴う」ということで格下げしてきた訳です。

相場の場合は仕掛けで、下げる前に上げる、上げる前に下げるということがよくあります。現在外人投資家は日本国債を買っています。

このタイミングでフィッチがAA-からA+に格下げした意味は何でしょうか。
日本国債を売る準備は出来てますよ?!

予想されるシナリオ
①日本国債を新高値まで買付
②フィッチの格下げ
③消費税法案の難航、決裂
④ムーディーズ、S&Pの追随格下げ
⑤外国人の持つリスクウェート上昇
⑥日本国債大量売却

ヘッジファンドは何を考えているかはわかりません、格付け会社もある意味グルです、そう言う意味では何が裏で企画されているのか定かではありません。
日本国債については特に注意してみていく必要がありそうです。

秩序ある世界を永遠に望みます!!