物価上昇の懸念がここにも!! イラン原油、大幅輸入削減要求!

物価上昇の懸念がここにも!!
イラン原油、大幅輸入削減要求!
今日、米国ガイトナー財務長官が来日する、日本にイラン制裁協力を要請する為に。でも、実質は通告に近いものと思われる、日本はこのことを断わる余地がない。日本はイランから原油輸出を10%頼っているにも関わらず、大幅輸入削減といいながらほとんど輸入停止と同じところとなるでしょう。欧州も23日にイラン制裁の閣議決定をするらしい、スペイン、イタリア、ギリシャ、今渦中の経済がガタガタの国も同調して輸入禁止することである。
イランの核物理学者がテヘランでイスラエルの爆弾テロで殺された、イランとイスラエルの緊張は高まっていく一方である、ホルムズ海峡もいつ封鎖と言う暴挙にでるかわからない。
日本は今年中に原発がすべて停止する、これだけでも年間エネルギー費用が3兆円増えている、この状態で原油価格の上昇が起こったらどうなるか、まったく気の抜けない状況であることは間違いない。

アメリカの執拗な排イラン政策、イランから仕掛けて来るのを待って叩く、アメリカの常套手段、それはイランが石油を持っているから、その証拠に資源を持っていない北朝鮮には介入しない。

不況下の物価高、いわゆるスタグフレーションの対策はお済ですか?

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTJE80400C20120105?rpc=122