NO2.日本国債バブル「18ヶ月以内に崩壊する」 日経ヴェリタスの記事より!!

NO2.日本国債バブル「18ヶ月以内に崩壊する」
日経ヴェリタスの記事より!!
NO1.に続けます
この中で気になったコメントは
⑤日本には1400兆円の個人金融資産があり、日本国債の投資家も9割以上が国内で占められているから大丈夫か?
日本が抱える借金と国民の貯金を同じに考えるのはやめたほうがよいでしょう。日本国民がいつまでも国債に投資し続ける保証はどこにもありません。個人が銀行に貯金し、銀行がそのお金を日本国債に投資する流れがづっと続いていた。しかし高齢化したお年寄りは貯金を取り崩していき、国債の金利低下を支えてきたこの循環はいづれ断ち切られることになるでしょう。

⑥日本国債市場が低金利で保っているのは心理的な要素が強い、「過去も大丈夫だったから、当面はなんとかなるだろう」という心理です。人の見方は一瞬にして変わりますす。日本だけ例外でいられる理由はありません。
⑦日本の投資家はどうしたらよいでしょうか?
円資産をできるだけ手放したほうがいいということです。
特に安全で高金利で借金が少ない国へ、私はニュージーランドをおすすめします。先進国はダメです、ヨーロッパや日本やアメリカは限界に来ています。

⑧欧州債務危機はどうでしょうか?
欧州中央銀行(ECB)が危機を食い止めようとするが、イタリアなど南欧諸国では預金の流出が止まらない、12年中にギリシャからポルトガルまで連鎖的なデフォルトが起きる可能性は高い。

⑨投資家として心がけていることは?
中央銀行だけが真実の箱の中身を知っているように思わないで、自分の力で考えること。中央銀行は無限にお金を刷り、経済の安定を保とうと躍起になっているが、この経済政策に限界が来ているのは明らかである。もはや、国家も信用することはできません。

自分で考え、生き残って行かなければならない時代が来ているのです。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFZ26024_W2A120C1K11000/?df=2&dg=1