No3海外分散投資先としてのニュージーランドの魅力

Keep The Faith.

No3海外分散投資先としてのニュージーランドの魅力

「賢者は最悪のシナリオを想定し、楽観的に行動する」

先の見えないこの時代、日本円だけの資産運用で大丈夫ですか?

価値がありながらも見落とされがちだった国ニュージーランドの魅力を今夜はワインでも飲みながら。

ニュージーランドと聞くと何をイメージされますか?

1.羊・自然・山・湖・海・川、自然の豊かさが思い浮ぶとおもいます

2.自然を生かしたアトラクション、ジェットボートでの川下り、バンジージャンプ、トレッキングなど

3.ヨットクルーズ、セイリング、海洋スポーツ

4.ラグビーワールドカップ2011

とにかく自然抜きには語れません。

そうなのです、地球環境保全を第一に考える国、自給自足の国なのです。

自然と共に共存するという、筋が通った国家戦略のある国がニュージーランドです。

まさに、21世紀これからの人類の生き方そのものではないでしょうか。

 

残念ながら我が日本にどのような国にしたいのかビッジョンがまったく感じられません。

 

ニュージーランドの魅力は

1.日本と同じ四季がある

2.新鮮な食料、水が豊富にある

3.治安が良い

4.移民政策により、人口が増加している

5.国家財政が安定しており、国の借金が少ない

6.国債の格付けがAAA

7.金利が高い

8.外国人に対する投資規制がない

9.相続税、キャピタルゲイン課税がない

10.永住権に更新制度がない

11.原子力発電所がない

12.核ミサイルも飛んでこない

 

どうでしょうか、いづれにしても、日本だけしか選択肢がないというのでは、これからの時代、自分の生き方そのものが狭まってしまいます。

国を訪れ、調査し、現地の人の話を聞いた結論として、日本以外の選択肢として最適な国

それがニュージーランドなのです。

 

 

もし、いままで先延ばしにしてきた我が国の財政赤字問題が行き詰ったら!

近い将来、国債市場の暴落、金利上昇、インフレ、円安など、今現在の状況と180度逆の状況も考えられるかもしれません。

将来のことは神様以外わかりませんが、国家のリスクと個人のリスクを切り離す発想が必要な時代になってきたのではないでしょうか。